建設業許可が欲しいけど、どうしたら取れるのかわからない方や、時間が無くて申請手続きを進められない方のお手伝いをいたします。

建設業許可の取得でお悩みの方へ

image01
これらのことでお悩みの時、疑問点・ご不明な点が有る時は当事務所へお気軽にお尋ねください。当事務所の担当行政書士、丹下 聡は日本一相談し易い法律家を目指している許可専門の行政書士です。

建設業許可.comのサポートサービスをご利用いただくメリット

image02

土曜日・日曜日・祝日・夜間(20時以降)でもご予約を頂ければ、無料出張相談承ります

建設業許可の申請をサポートいたします

一般建設業許可サポート

一般建設業サポート(知事)に含まれるサービス

  1. 事前の無料出張相談
    先ずそもそも「建設業の許可取得が可能か?」のご相談から無料で承ります
  2. 建設業許可申請に必要な資料のお預かり・精査
    当事務所でお願いした資料をお預かりして、内容を精査し行政庁と折衝します
  3. 必要な書類・資料の収集・建設業許可申請書の作成
  4. 建設業許可申請書の行政庁への提出

 建設業許可+会社設立パック

建設業許可+会社設立

建設業許可+会社設立パック

  1. 【会社設立・建設業許可】事前の無料出張相談
    先ずそもそも「建設業の許可取得が可能か?」のご相談から無料で承ります
  2. 【建設業許可】資料のお預かり・精査・行政庁との事前折衝
    此方でお願いした資料をお預かりして、精査し、内容に疑義が出そうな事柄については、行政庁と事前の折衝をします
  3. 【会社設立】同時に将来の事業計画もよくお伺いしたうえで、定款を作成し、先ず最初に会社の登記まで済ませ、建設業の許可取得に必要な定款の準備をします。
  4. 【建設業許可】資料の収集・許可申請書の作成
  5. 【会社設立】登記完了で建設業許可取得のための謄本を取得
  6. 【建設業許可】許可申請書の行政庁への提出

経営事項審査

経営事項審査

経営事項審査サポートに含まれるサービス

・決算変更届の作成提出

・経営状況分析(第三者機関へ決算の内容分析を依頼します)の申請

・経営事項審査申請書の作成及び提出

・経営事項審査のシュミレーション及び、点数アップのコンサル

その他必要な納税証明書等の代理取得など含みます

【その他】

  • 申請準備中、申請終了後に関わらず、ご相談の際は必ずお客様のご都合のいい場所に伺います

当事務所は会社のどんなお悩みも相談にのります

行政書士法人ブリジアスは他士業とのネットワークに強い

電話会社を起こす前・起こした後、許可を取る前・取った後、会社を経営していくと、様々な問題が生じてきます。そのような時は先ず当事務所に御相談下さい。

最適な弁護士・税理士・社会保険労務士などをご紹介いたします。借入や助成金につきましても、無料で「創業支援・借入に強い税理士」や「助成金の取得に強い社会保険労務士」を御紹介します。

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

最近の記事から

  • 入金確認資料としての預金通帳について

    経営業務の管理責任者及び専任技術者の確認資料について 経営業務の管理責任者になるためには、「5年若しくは6年の経営業務の管理責任者として経験」が求められ、専任の技術者になる場合にも、「1年、3年若しくは5年だったり、最長 …

  • 大工工事業とは

    建設工事とは 先ず「建設工事」という大きなくくりについてご説明します。 建設業法第2条によると、「建設工事」とは、土木建築に関する工事で、別表第一の上覧に掲げるものを言うとされています。 ここで重要なのは、「建設工事」「 …

  • 工事経歴書は経営事項審査のイノチです

    今まで、「評点(点数)アップ」のことを色々書いてまいりましたが、僕が経営事項審査を受任させて頂いた際に、決算書の作成と並んで、いや、それ以上に気を遣うポイントがございます。 それは何かというと、ずばり「工事経歴書」の作成 …

  • 経営事項審査の直接的点数アップ法

    経営事項審査を受けるうえで、一番最初に確認して頂きたいのは、 「点数は単に高ければいい!」というものではないということ。 これ、非常に重要です。 何故かというと経営事項審査は得点を争うものではなく、あくまで「(公共の)仕 …

Top