【事例紹介】法人設立 建設業許可新規申請(都知事許可 電・管) 電気工事業みなし登録

事業拡大に伴い法人成りをして建設業許可及び電気工事業の登録

【事案】

・令和2年2月申請

・20年ちかく個人で電気工事業と管工事業を営んでいらっしゃり、数年前にも一度法人化のご相談を頂戴しておりました

・電気工事及び管工事に関しては技術者としての資格をお持ちになっている

・近年の業績アップを鑑みて、法人化をし、更なる事業拡大及び許可の維持を考えていく

・これまでの請求書及び及び入金確認資料しての通帳及び確定申告書もキチンと年度ごとに保存なさっていらっしゃり、行政書士としては物凄く楽でした

・申請準備と並行して法人設立→建設業許可申請→許可→みなし電気工事業の登録迄を素早く最短で行う

極力お手間を省き建設業許可とその後(みなし)電気工事業登録を速やかに!

司法書士先生 税理士先生もご紹介します!

お客様からのご紹介で、数年前にも一度法人成りのご相談を頂戴していたのですが、令和元年の初冬に再度ご連絡を頂き、もの凄くうれしかったです。

ここ数年は売り上げも伸びており、かつ「下の者」に許可の有る会社を残しておきたいというお気持ちからも、法人成りをしたいということで、喜んでお手伝いをさせて頂きました。

なるべくお手間なくかつ速やかにと思い、会社印鑑の3点セットも私の方で手配をさせて頂き、同時に提携の司法書士先生とも連絡を取って、ご希望の設立日に登記。今後の経理関係の顧問も探していらっしゃるとのことでしたので、税理士先生をご紹介をして設立後の届出等も準備を進める。

その間にも建設業許可申請の準備を進めて、設立届と社会保険関係の手続き完了後に即許可申請をさせて頂きました。

(みなし電気工事業の登録は建設業の許可が下りた後に申請になります)

社長様がものすごく几帳面かつお優しい方で、受任した行政書士としては大変「楽をさせて頂きました」(笑)。健康保険など社保関係のお手続きは「一度やってみないと分からない」と仰って、ご自分でなさるなど、本当に尊敬できる方で、今後とも微力ですが、しっかりと許可維持及び業務の発展に尽力させて頂きたいと思っております。

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る