・その工事は1つの工事?2つの工事?(分離発注は厳禁です)

その2つの工事は本当に2つの工事か?それとも1つのまとまった工事か?

建設業者様、お知り合いの弁護士先生、税理士先生など様々ところから頂くご質問で

・発注者:A、受注者:B、複数の物件(場所)に対する工事があり、工期も少しずれる。発注を同時にすると建設業法の基準金額(500万円)をこえるのですが、これは発注をバラバラにして契約書を、2枚にすれば、それぞれが別々の工事となるのでしょうか?

例えばですが、とある商業施設ビルの内装リニューアル工事の一環で行われる、電気工事で内装工事の進捗関係で工期がそれぞれ、「1階は4-5月」「2階は8-9月」となっている場合、それは別の(2つの)工事ですか?1つの工事ですかと聞かれると。。。

「基本は契約書ベース(契約書が2枚なら2つの工事ということ)にはなりますし、ケース・バイ・ケースにはなりますが、1つの工事とみなされる場合が多いと思います」とお答えをします。

別々の工事とされるには「それ相応の理由」があることが必要です。

裏にある事情(上記のような場合の工事をバラバラに契約する必要性)は表からは見えずらく、やはりバラバラに契約をしてしますとそこに何らかの「作為」を感じ取ってしまうのが、行政庁であり、何かの際に問題になった時はきちんとした理由を述べられるようになっていないとまずいと思います。

分離発注は基本ご法度です

1つの工事の発注を作為的に2つに分けて発注をして、1つずつの契約金額の単価を下げる方法以外にも、「材料費を別建てで契約する」「工期を分けて別発注(別契約)」するなどは、「許可逃れ」の為に使い古された、古典的な手法であるので、禁止されております。お役所も散々そのような事例を見てきているので、「お見通しです」となっております。

「1つの工事で・消費税材料費込みで500万円をこえる金額の工事を受注する場合は」きちんと業法にのっとり、許可を取って営業をしましょう

 

参考文献(北陸地方整備局発行「建設業者のための建設業法」より)

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る