一般の建設業許可しかないのに1億円の工事を受注したい

最近は内装工事をする場合など、その材料費も何十万円もするウォシュレットだったり、キッチンシンクだったりする場合も有るので物凄く材料費が高いですし、人件費も高い。更に消費税も10%となっております。そうなるとちょっと大きな工事になると総工費が5-6千万円もすることは良くあります。5-6千万円の工事でも1億円の工事でも「全て自社施工をする」ということでしたら一般の建設業許可でも問題がないのですが、下請けの業者さん「4000万円以上応援をお願いする」となった場合はやはり、「特定の建設業許可」が必要となります。

※建設業許可で言われている「500万円以上の工事には建設業許可が必要」「4000万円以上の工事を下請け業者に出す場合は特定建設業許可が必要」という場合の「500万円」「4000万円」はすべて消費税を含んだ金額です(消費税を含んだ金額と解されております)。

しかし、特定の建設業許可はハードルが高いです。

参考 ⇒ 「一般建設業と特定建設業の違い」

丸投げは禁止です

下請けの業者さんに出せる工事の総額は「4000万円未満」です。そして、もちろんですが、下請けの業者さんに「一括下請負(丸投げ)」をすることは業法で禁止をしております。

(建築一式工事の場合は6000万円未満)

参考 ⇒ 一括下請負(丸投げ)は禁止です

しかし、「一括下請負い」が認められる場合が一つだけあります。

丸投げがOKの唯一の場合とは??

それでは丸投げがOKの場合とは何でしょうか?

それはズバリ「発注者の書面による(丸投げの)承諾がある場合」です。(公共工事及び民間工事における共同住宅の新築工事を除く。)

しかし、書面による承諾がある場合でも、請け負った工事に対しては配置技術者を置く義務は残りますので、「管理技術者の資格を持っている技術者」を直接的・恒常的に雇用していることは必要なので、ハードルの高さは何ら変わらないのかな?とも思います。請負金額は必然的に3500万円以上になっているので配置技術者の専任性は求められますし。。。

これらを考えると、折角のビジネスチャンスである「1億円も工事」でも一般の建設業許可しかないと受注はやはり「実質的に」厳しいのかな?という結論になってしまいます。

 

特定建設業許可を取得したいという方是非お問合せ下さい!

東京都西部 三多摩地区 多摩地区 世田谷区 中野区 杉並区 八王子市 立川市  武蔵野市  三鷹市 青梅市  府中市   昭島市  調布市  町田市  小金井市  小平市  日野市  東村山市  国分寺市  国立市  福生市  狛江市  東大和市  清瀬市 東久留米市  武蔵村山市 多摩市 稲城市  羽村市 あきる野市  西東京市 西多摩郡瑞穂町 西多摩郡日の出町 西多摩郡檜原村 西多摩郡奥多摩町

で特定建設業許可を取得したい!と考えている皆様。下記までお電話(メール)をください。

電話に出れない場合、メールの場合、ともに24時間以内の折り返し、返信をさせて頂きます。

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る