専任技術者とは

建設業の許可を取るために絶対に必要な人材の一人

建設業の許可要件の中でも最も厳しい(ハードルが高い)要件が「人(ヒト)」の要件です。知事も大臣も特定も一般も建設業の許可を取るためには

  1. 「専任技術者(以下センギ)」がいることと
  2. 「経営業務の管理責任者(以下ケイカン)」がいることが必要なります。

このページでは1. のセンギについてご説明します

専任技術者(センギ)

センギとは簡単に言うと取得したい建設業許可の業種に於いて、一定以上の専門的な知識と経験を持っている技術者のことです。そしてセンギは各営業所ごとに必ず一人づつ常勤していなければなりません。

センギになるための要件

知識と経験

  1. 許可を受けようとする建設業の業種について以下のいずれかの要件に当てはまる人
    1. 指定の学科の高校(例えば工業高校の建設学科等)+実務経験5年
    2. 指定の学科の大学(例えば工学部卒など)+実務経験3年
  2. 10年以上の実務経験を有する(学歴・資格を問わない)
  3. ある一定の資格を持っている方
  4. その他、国土交通大臣が個別の申請に基づき認めた者

これらの内のどれかに当てはまることを客観的に書面で証明しなければなりません。そこで一番簡単且つ確実なのが「3.ある一定の資格を持っていること」に該当する場合で、資格証の原本を提示すればOKです(資格によっては更に1-3年間の実務の経験を要するものもあるので注意が必要です)

それ以外で「2.10年以上の実務経験」と一言に言いますが、これを客観的に証明しなければならないのでかなり大変な作業になることも多々あります。その場合にやる作業を(作る書面)を「実務経験の証明(書)」と言います。

色々な証書で証明することがありますが、主なモノが

① 注文書又は注文請書(注文主(元請・発注者)の印鑑が押してあるもの)の原本

② 許可を受けようとするか会社の発行した請求書とその入金が確認できる「預金通帳の原本」

以上の二点で証明する場合が多いです。

常勤性

「常勤性」とはその名の通り「その会社に必ず所属していて、常時出勤している」と言うことです。「当たり前」のように思えますが、センギや後述する「ケイカン」という二つの職種に就くことが出来る人はどこの会社でも欲しい人材です。そうすると「名ばかりの・・・」の等と言うことはどこの会社ででも考えるとこです。「名ばかり」「名義貸し」というのは絶対に認められていません。

また「名ばかりの」ではなく、キチンとその会社に就職して勤めているのにも関わらず、いざ「常勤性」を証明しようとすると客観的な証拠と言うのが中々集まらない場合も多々あります。

その点で一番簡単で東京都も勧めているのは、これも当たり前のようですが「社会保険(+厚生年金)」に加入して頂くことです。センギになる方が「その会社の社会保険」に加入していれば、何の問題も無く「常勤性」が認められます。

 

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top