役員の就任退任前にはご一報ください

是非もっと行政書士へ事前にご相談下さい

最近、旧知の司法書士先生経由で、地方の公認会計士事務所の先生をご紹介頂き、その会計士先生の関与先である建設業者様のご相談を頂きました。しかし、よくよくお話をお伺いをすると、相談のかいなくというか、今この段階で気づいてよかったという・・で許可の取り下げ(廃業)をせざるを得ない状況ということがわかり、その廃業のお手伝いをさせて頂きました。

なぜ廃業になったか?というと、それはもう単純に「経営業務の管理責任者の社長を退任させてしまっていた」ということなのです。相談時にお伺いをすると、「経営業務の管理責任者である役員様を退任させる」ということに、それほど大きなことというご認識がなく、「新たに役員も立てているから問題ないでしょ?」というかんじだったようです。

(勿論許可維持の為に、他の役員の方の経歴の洗い直し、新たに選任等々考えられる手段はお伝えをしましたが、如何せん、許可期限までの時間が無さ過ぎ&その会社様特有のご事情で全て叶いませんでした)

 

会社経営において、「役員の就任・退任」はよくあることであり、かつ会社の規模が大きくなればなるほどその内容は「ドライでドラスティック」なもので、外野からのお手だし無用状態で進められて、気づいたら「変わっていた・・」ということになります。

ただ、建設業許可ホルダーである会社様の場合はやはり事前に一言「自社の建設業許可を把握している専門家」への事前のご相談をして頂ければと思っております。

役員の就任退任は届出が必要です

建設業法上、建設業許可をもっていらっしゃる会社様で取締役様の就任退任があると「変更後30日以内」の届け出が必要です。そして、該当取締役が「経営業務の管理責任者」である場合は、「経営業務の管理責任者の交代の届け出」や「廃業届」等の提出が必要になります。

(経営業務の管理責任者=代表取締役で代表取締役⇒(平)取締役になる場合でしたら、経営業務の管理責任者の変更は不要です。勿論要件を満たした他の人に交代することも可能ですが。)

役員の変更に関わる判断は、法人に数多ある経営ジャッジの中でもかなり上位にランクされる経営ジャッジになると思われるので、「お手だし無用」ということも多々あるとは思いますが、事前に専門家(行政書士)に相談することにより、「許可存続の方法」等を見つけることも可能な場合が多いです。

辞任⇒辞任登記完了後に「あ、、、彼は経営の責任者だったから許可の維持が危うい」ということが発覚すると、打つ手も限られたら、最悪上記の私の例のように「手遅れで廃業届の提出」ということになります。

是非、取締役様の就任退任の事前相談等に、我々専門の行政書士を使い倒して頂ければと思っております。

 

自社の許可に不安のある方、是非セカンドオピニオンに丹下を!

東京都西部 三多摩地区 多摩地区 世田谷区 中野区 杉並区 八王子市 立川市  武蔵野市  三鷹市 青梅市  府中市   昭島市  調布市  町田市  小金井市  小平市  日野市  東村山市  国分寺市  国立市  福生市  狛江市  東大和市  清瀬市 東久留米市  武蔵村山市 多摩市 稲城市  羽村市 あきる野市  西東京市 西多摩郡瑞穂町 西多摩郡日の出町 西多摩郡檜原村 西多摩郡奥多摩町

で自社許可の相談をしたいと考えている皆様。下記までお電話(メール)をください。

電話に出れない場合、メールの場合、ともに24時間以内の折り返し、返信をさせて頂きます。

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top