無許可でも発注者の同意・承諾があれば500万円以上の工事を請負えるか?

発注者が「いいです!」と言っていれば無許可でも工事可能?

先日お客様から下記のようなご質問を頂きました。

(お客様からの質問は僕の頭の整理にもなるので、大歓迎です!何時でもお気軽のお問い合わせください)

例えばなんですが、発注者が懇意にしている建設業許可をもっていない・無許可の内装業者さんに、拘りの壁材・床材・タイル材などをふんだんに使った、拘りのリフォームを発注したら、あっという間に材料費・消費税入れて500万円をこえてしまったのですが、そこで「書面による発注者の承諾書(同意書)」を交わして工事に取り掛かろうとした場合、これは合法でしょうか?

建設業法・建設業許可というのは、「完全オーダーメイドで完成するまで”物”が見れない等の特殊な発注・受注形態であることに鑑みて、発注者保護の要請を受けて出来た法律である」という立法趣旨を考えると「お金を出す人が”OKです”と言っている以上構わないのではないか?」という思いも出てきて当然かと思っております。

一括下請負は書面による発注者の同意があれば可能

ここで、良く勉強している人ほど、勘違いをしたり、混同したり「あれ??どうかな?」と思ってしまうのが、「一括下請負は禁止だけれど、発注者の書面による同意があれば可能」という規定ではないでしょうか?また、民法上は「契約自由の原則もあるし・・」、そして、上述のように「そもそも建設業法の立法趣旨は”発注者保護”なのだから、発注者が”いいです”と言っているなら・・」なんていう考えも頭をよぎると思います。

建設業法は「公益」も守ります

しかし、建設業法はその第一条の目的として「・・・・発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。」としており、且つ、建設物というのは多かれ少なかれ、公共性のあるものであることに鑑みると、「建設工事の質を担保」することは法の理念に合致するので、「たとえ発注者の同意があっても、無許可業者の500万円以上の工事は認めない」という回答になります。

発注者がOKでも元請けさんがNGかも・・

最も最近というかここ4-5年の傾向としては、「法律上で許可業者じゃないとだめか?良いか?」というよりも、「元請け業者としては、(発注金額の多寡によらず)許可を受けている下請け業者さんをなるべく使っていきたいので許可業者じゃないとダメ!」という傾向が年々日増しに強くなっているのは、どこでも言われていることですね。

弊所にも「普段やっている工事で500万円以上のこうじってそんなにないんだけれども、元請けさんに言われてどうしても許可を取りたいんですが」という相談はひっきりなしです。そのような業者さんはやはり死活問題なので、つい最近も最初のご相談から許可まで10か月以上かけて、あらゆる方策を考えた中から、まずまずベストの選択で許可を取得して頂いた業者さんもあります。(司法書士先生、税理士先生を総動員ですw)

 

 

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る