経営事項審査の当日に気を付けること

審査を受け終わるまでが経営事項審査です

決算書も完ぺきに建設業法上の財務諸表に書き直し、工事経歴書も完ぺき。申請書も完ぺきに作りこんだ。

でも、実はここで終わりではないです。

東京都知事許可で経営事項審査を受ける場合は、基本的に面前審査でかつ、申請に関する事項の裏付け資料は殆どが「提示のみ」となっております。

そこで「申請者」が気を付けたい事項が、「審査をいかにスムーズに進めるかです」

これはマナーということもありますし、僕ら行政書士は「専門家」でもあり、審査機関には少なからず「協力していく」立場にあるので、必ず気をつけることであります。

それは特に難しいことではなく、「裏受け資料などは素早くスムーズに出す」という至極簡単なことです。

簡単なことですが、これは結構重要です。

特に僕らは、年に何回も審査を受けるので、「信用を築く」という意味でも、この「スムーズな審査への協力」は重視しております。

具体的には、

・申請書・裏付け資料を不足なくきちんと揃える。申請書は手引きの順番で並べる!(当たり前のこと過ぎるようですが、重要です)

・現在有効な許可申請書は一まとめにする(ファイリングしましょう!)

・工事経歴書へ記載した工事の裏付け資料は「業種別で工事経歴書の記載順番通りに並べる」

多くの業種で経営事項審査を受け場合はキチンキチンと業種ごと・順番通りに並べて余白に「建ー1(建築一式の工事経歴書の1番目に記載された工事の裏付け)」とか「内ー2(内装工事業の2番目)」などとナンバリングをする。

さらに、それぞれの業種の裏付け資料を一まとめにして、付箋を付けて、審査官が一目でわかるようにする。

・技術者の常勤性の資料も一まとめにして、かつ、技術職員名簿の名前の並び順と(例えばですが)標準報酬決定通知の並び順は揃えておく。(5人~6人なら並び順が違っていても、ご愛敬ですが、10人を超える場合などは順番は揃えておいた方がよいです。国土交通大臣許可の経営事項審査を受ける場合は、裏付け資料もコピーでよいので、例えば「2-3(技術者名簿2ページ目の上から3人目)」のように、標準報酬決定通知に技術者名簿の並び順の番号を振っておきます。(東京都の場合標準報酬決定通知などは原本提示なので、書き込みはできせんが))

・社会性の資料(健康保険の払い込みの証書など)も順番通り、一纏めにしておく。

以上のように、特に難しことはしてませんが、申請を受ける際に「ちょっと一手間」おかけるだけで、申請が捗ります。

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top