経営事項審査を受けるまでの流れと仕組み

まずは敵を知る

「敵を知り、己を知れば・・・・」のことわざ通り、まずは経営事項審査の中身を知らなければ、戦い(というか点数アップ)は望めません。

経営事項審査の流れ

経営事項審査を受けられるのは1回/年です。「あ、受け間違えちゃった。。。」と、やり直しは(基本的に)有り得ません。流れを踏まえて、できれば「出来上がりから逆算して準備(決算含めて)が出来る」ようになれればベストかと思います。

大体の流れは

(会社の税務上の)決算 ⇒ (建設業許可を受けている行政庁への)決算報告(事業年度終了報告) ⇒ (分析機関での)経営状況分析 ⇒ 経営事項審査の受審 ⇒ 結果通知(東京都で受審後3週間、国土交通大臣許可で5週間かかります) ⇒ (各自治体への)入札参加資格申請

となります。

仕組み≒審査項目

そして、経営事項審査の仕組み≒各審査項目から求められる総得点は

総合評点(P点)=0.35X1+0.1X2+0.2Y+0.2Z+0.15W

という計算式で求められます。

そして

X1=工事種別年間平均完成工事高の評点

X2=自己資本額及び職員数の評点

Y  =経営状況分析の評点

Z  =技術力の評点

W  =その他の審査項目(社会性等)の評点

となっております。

今回は流れと仕組み(審査項目等)までして、次回

流れの順番に、その中身、点数アップの仕方などを書かせていただきます。

 

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top