即効で経営事項審査の点数アップ!

経営事項審査を受けるうえで、一番最初に確認して頂きたいのは、

「点数は単に高ければいい!」というものではないということ。

これ、非常に重要です。

何故かというと経営事項審査は得点を争うものではなく、あくまで「(公共の)仕事を取るための物(指標)」だからです。

このことは後に詳しくお話をします。

とは言っても、ある程度の点数がないと始まらないのも事実です。

そこで、「経営事項審査を受ける時に知っておくこと2」で会社の決算書から直接導かれる点数であるY点のことについて、触れさせていただいたので、今回はもっと直接的に点数のアップが期待できるポイントであるW点についてまとめます。

経営事項審査におけるW点とは?

W点とはいわゆる「社会性」と言われてるものです。

点数アップをお考えなら、コストがかかるものもありますが、まずはW点で満点を狙うことをお勧めします。

経営事項審査の社会性W点の審査項目とは?

  1. 雇用保険加入の有無
  2. 健康保険加入の有無
  3. 厚生年金保険加入の有無
  4. 建設業退職金共済制度(建退共)加入の有無
  5. 退職一時金制度若しくは企業年金制度導入の有無
  6. 法定外労働災害補償制度加入の有無
  7. 以上6項目となっております。

経営事項審査をお受けになる前提して、ABCはすべて「有」でなければなりません。「無」でも経営事項審査は受けられます。しかし、もしも「無」の場合、今現在の経営事項審査の審査の運用だと「ー(マイナス)」の点数がつけられてしまいます。(0点からー1995点とかなり大きい)

DEFはお金はかかりますが、プラスの点数が大きいです。点数アップというとなかなか思うようにいかないことが多いですが(売上や利益はなかなか思い通りにならないので)、ここだけは自社の意思決定で点数アップができます。現場で働く職員さんのことも考えて、是非、まず、取り組んでいただきたい項目です。

※建退共は加入しただけでは加点されず、「履行」が条件だし、法定外労災もその契約内容に細かい条件があったりしますし、それぞれの契約有効日が経営事項審査を受ける際の基準日で、有効である必要があるなど、入るだけで、全然簡単!ではないことはご承知おきください。

経営事項審査の点数アップや公共受注を計画的にしたい!

東京都西部 三多摩地区 多摩地区 世田谷区 中野区 杉並区  八王子市 立川市  武蔵野市  三鷹市 青梅市  府中市   昭島市  調布市  町田市  小金井市  小平市  日野市  東村山市  国分寺市  国立市  福生市  狛江市  東大和市  清瀬市 東久留米市  武蔵村山市 多摩市 稲城市  羽村市 あきる野市  西東京市 西多摩郡瑞穂町 西多摩郡日の出町 西多摩郡檜原村 西多摩郡奥多摩町

で建設業許可取得をしたい!経営事項審査計画的・戦略的に受けたい!と考えている皆様。

即日、ご連絡・電話相談いたします。(お伺いなどの日程は調整させていただきます)

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top