令和2年10月の建設業法改正について(経営業務の管理責任者廃止)

経営業務の管理責任者という名称は廃止になります。が、、、

昨年より、かなりの話題になっていた建設業法の令和2年10月改正ですが、その中の目玉である「経営業務の管理責任者廃止」について、何回かは言及させて頂いておりましたが、実質は「廃止というより”要件緩和”」になることになりそうです。(実際の省令は令和2年1月10日現在発表されていませんが)

経営業務の管理責任者(ケイカン)の新たな許可基準

・経営業務の管理責任者は廃止するが申請会社において組織として「経営管理体制」を求めるものとする

経営管理体制の判断基準(案)

① 現行のケイカンの基準を満たすこと

② 建設業における役員または相応の管理職経験を5年以上有している者がいること。+その者を適切に補助できる能力を有する者を、補佐する役職につけること。

③ 建設業以外における役員経験を5年以上有している者がいること。+その者を適切に補助できる能力を有する者を、補佐する役職につけること。

とされておりますが、正直疑問点・不安点ばかりが募る内容かと思います。

「相応の管理職経験」ってなんですか?「相応・・」って。。。

「適切に補助する」ってなんですか???「適切に補助する能力」をどうやって書面で証明するのでしょうか??

 

令和2年1月現在、疑問と不安ばかりが残りますが、会社様は「許可の維持」等を考えて、これまで通り、ケイカンの後任候補者様を「取締役」等にしておき、将来の不意の出来事に備えておく方がよいかと思っております。

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top