元請け業者はコンプライアンスを重視します

下請け業者さんも許可取得の波

建設業者様が「許可を取得したい」「許可を取得しなければならない」と思う、一番大きな理由には「500万円以上の工事をしたい」というものがあると思います。しかし、これと並んで大きな理由が「元請け業者さんに許可を取得してください言われて・・・」というものがあります。例えその会社様の請け負う工事の金額が500万円未満でも、です。

やはり、元請け業者さんとしては「弊社の工事ではすべて許可業者を使って施工をいたします」という構図を取りたいのは、容易に想像が出来ます。元請け業者さんはコンプラ遵守したい!のです。

そして、この事例は明らかに「法律上、許されていない金額の工事を無許可が業者に発注している」ので、当然処分の対象にはなるのですが、、、、これは怖いですね。

法令順守・下請け業者さんもすべて許可取得の波

上述リンクの事例は、発覚の背景は当然わかりませんが、多分「チクリ」で立入検査などが入っての事とは思います。

これを他人事と捉えず、やはりすべての業者さんが襟を正し、当たり前に法令を守り、かつ、適正な下請け業者の選定発注をしていかなければならないですね。

そして、この様な処分事例が出ると、監督庁の見る目(審査・監督)が厳しくなるが常です。今まで以上に、下請け業者に許可取得を促す波が来ますね(もうとっくに来てますが)。

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る