知事許可と大臣許可

建設業許可の種類の1つに「知事許可」と「大臣許可」の分類があります。

知事許可と大臣許可の違い

知事許可

1つの都道府県内にのみ営業所がある場合

例えば新宿に本店(主たる営業所)のみの場合

若しくは

新宿に本店(主たる営業所)で八王子に支店(従たる営業所)を置く場合

大臣許可

2つ以上の都道府県に営業所がある場合

例えば、本店が東京都千代田区、支店(営業所)が神奈川県横浜市の両方にある場合は「大臣免許」を取る必要があります。

(注意)「営業所」とは?

ここでいう営業所とは、本店視点、または常時建設業の請負契約を締結する事務所をいいます。単なる登記上の本店、事務連絡場所、工事事務所、作業所等はこの営業所に該当しません。登記などの「形式」ではなく「工事の契約をするか否かの?」の実質で判断することになるので注意が必要です。

∴営業所(従たる営業所)は「支店の登記」をする必要はないです。

>>>>事務所の要件

大臣許可でも知事許可でも工事自体は全国、どこででも可能です。

「大臣許可」のほうが「上」の印象を持たれる方が多いですが、特に「上下」ありません。そして、これは前述したようにあくまでも「営業所」の所在地による区分なので、工事の施工そのものはどちらの許可を取得しても日本全国どこでもすることが可能です。

例えば「東京都知事許可」を取得した建設業者は東京都内にある本店や支店(営業所)でのみ契約の締結などの営業行為ができますが、その本店・支店で締結した契約内容が「北海道札幌市○×ビル外装工事一式」ならば北海道で工事することは全然問題がありません。

また、許可取得の難易度の上下などもございません。あくまで「契約を締結する営業所が1つの都道府県内にあるか否か」の問題となっております。

但し、、、案件や会社のご状況によっては大臣許可の方がすんなりと許可取得に至ることも、まれに有ります。

ただ、その際に一点考慮しなければならないのは、「大臣許可は許可が下りるまで3か月ほどかかる」という点です。

その点、例えば東京都知事許可でしたら一か月弱で許可が下りるのと対照的とさえ思えます。

(注意)大臣許可とは

大臣許可とは「国土交通大臣許可」のことで、この許可を受けようとする場合はまずはその許可申請書は知事許可と同じように「本店所在地の建設業課」に提出して(都道府県知事を経由して)、管轄が関東なら国土交通省関東整備局(国土交通大臣)に提出することになります。

建設業許可に関するお問い合わせ

新規の建設業許可や許可の更新、建設業許可に関する各種変更届などの手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top