経営業務の管理責任者設置制度廃止その後

経営業務の管理責任者設置制度廃止その後

今年の春に、建設業界、(建設業に携わる)行政書士業界で、バッと評判になった「経営業務の管理責任者(以下:ケイカンとします)制度の廃止」は令和2年10月1日から行うと閣議決定もしてますが、僕も下のページで書いたように、その「実質的な内容・詳細」は決まっておらず、「本当に廃止になの?代替措置とかないの?」と思っておりましたが。。。。やはり、その後の諮問委員会などで、有識者からの意見で「廃止はするものの実質的には”緩和”」に落ち着くことに決まったようです。

 

経営業務の管理責任者の設置が不要になります

経営業務の管理責任者制度の「緩和」とは?

今までも、経営業務の管理責任者になるための必要経験年数が「他業種経験:7年⇒6年」「同業集経験:6年⇒5年」に軽減されるなどの緩和措置が取られてきました、今回の措置はどのようなものになるのか?という疑問が残っておりますが、残念ながら今現在(令和元年11月末)ほぼ何も決まっております。決まっているのは以下の点のみです。

経営管理体制とは?

・「経営業務の管理責任者」は決定事項通り、廃止する

・ただ、これに代わって「経営管理体制を求める」

・そして、経営管理体制とは?はの疑問への回答は・・・いくつかの(仮)な判断基準は固まったようですが、まだ正式決定はしてません。

これから、4か月国交省発表などから目が離せません。。

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る