【事例】新潟県 建設業許可新規申請

先月(2020年10月)、御縁を頂きまして初めて「建設業 新潟県知事許可」の申請をさせて頂きました。建設業許可(だけではなく産廃関連もなのですが)は本当に地域によって「ルール・お作法」が違い、勉強になりもの凄くありがたい…

続きを読む

コラム:経営事項審査の提出書類の簡素化について

未だに日本の会社様は3月決算の会社様が多いので、必然的に私もこの時期は経営事項審査の準備や、今年に限っては入札参加資格の定時の申請などもあり、ありがたいことに毎日お客様の今後のビジネスの発展の為に色々と頭を働かせておりま…

続きを読む

経営事項審査に対するコロナ特別措置がやっと出ました。

今更ですが建設業許可でもコロナの特別措置が出ました 今年(令和2年)の四月半ば過ぎ頃からお客様に「コロナで大変ですが、お仕事如何ですか?(3月決算の場合)今年の決算どうなさいますか?(申請猶予できるようなので)何かお困り…

続きを読む

令和2年10月1日建設業法改正のパブコメ出ました

令和2年10月1日施工の改正建設業法における新しい経営業務体制はこちらのページ→経営業務の管理体制(適正な経営管理体制) 建設業法が今年、令和2年10月1日に改正されることに伴い、行政手続法の規定に基づき建設業法施行規則…

続きを読む

コロナ禍の中許可業者が2年連続増加ではありますが。。

建設業許可業者数が2年連続増加 国土交通省の5月1日発表によると、平成31年(令和元年)度末における建設業許可業者数が2年連続増加で5年ぶりに47万を突破しているとのこと。 ⇒ 参考資料はこちらをクリック ただ、これは3…

続きを読む

ZOOM等での建設業許可のご相談承ります

2020年初頭からのコロナ禍によって、日本での生活様式は一変してビジネスの仕方もかなりの変化が生まれてきました。かなりの打撃を受けた業者様も多いです。 その様な中でも、たんげそう行政書士事務所は建設業許可取得を考えている…

続きを読む

【事例紹介】建設業許可新規申請:国土交通大臣許可 建築工事業、塗装工事業、防水工事業及び経営事項審査

地元の金融機関との繋がりも大切にしてかつ東京でビジネスを伸ばす 【事案】 ・平成29年8月申請 ・K社様(建築工事業、塗装工事業、防水工事業をメインに17業種) ・元々神奈川県下にて防水工事業を営んでおり、県知事許可も取…

続きを読む

借入金はするべき?しないべき?(経審点数アップ法)

支払い利息は接待交際費とする向きもあります 建設業の皆様は法人としてなさっていても、個人(自営業)としてなさっていても、必ず1つや2つは銀行(信用金庫)様とのお取引きがあると思います。そして、事業を続けていく中では「借入…

続きを読む

元請け業者はコンプライアンスを重視します

下請け業者さんも許可取得の波 建設業者様が「許可を取得したい」「許可を取得しなければならない」と思う、一番大きな理由には「500万円以上の工事をしたい」というものがあると思います。しかし、これと並んで大きな理由が「元請け…

続きを読む

国土交通大臣許可の申請窓口が変わります。

大臣許可業者さんの申請窓口が変わります 今年度に入って早々に決定していたことではありますが、従来は大臣許可の業者さんの許可申請書・変更届書は「主たる営業所の所在地がある都道府県の担当課への提出」とされておりましたが(これ…

続きを読む

無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご希望の連絡方法(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡どちらでも可

    出張相談またはオンライン相談を予約される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    出張相談の場所(貴社所在地、または「オンライン」など)

    ※第三希望まで先約が入っている場合は、こちらから新たな日時をご提案させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

    ご相談内容

    ページトップへ戻る